2010年04月29日

関東で大雨や強風=都心は4月の史上最大雨量−気象庁(時事通信)

 関東地方では28日午前、局地的に強い雨や風が観測された。気象庁によると、1時間の降水量は神奈川・辻堂(藤沢市)で午前7時までに40ミリ、東京・大手町で午前8時40分までに26ミリとなり、いずれも4月の観測史上最大を記録した。同庁は静岡県の伊豆地方に大雨警報、神奈川県東部に大雨・洪水警報や土砂災害警戒情報を発表した。
 この大雨は、日本列島の東側に高気圧、西側にいくつかの低気圧があり、気圧の傾きが大きくなったのが原因。関東の大雨は28日昼ごろに峠を越える見込み。
 辻堂と大手町では、3時間降水量も4月の観測史上最大となった。静岡・天城山では午前6時半までの3時間に102ミリの雨が降った。 

雑記帳 TAKAKOさんが北海道コスメ大使に(毎日新聞)
<中国>植樹100万本に 万里の長城周辺(毎日新聞)
首相「自分も長く続けたい」魁皇に顕彰授与(読売新聞)
免許ない乗組員が操船=沖縄の3人死亡事故−運輸安全委(時事通信)
宝塚市のキリスト教会でも消火器投げ込まれる(産経新聞)
posted by カトリ ケイイチ at 10:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

成田足止めの外国人旅行客に、どら焼き差し入れ 茨城空港土産(産経新聞)

 アイスランドの火山噴火の影響で成田空港に足止めされている乗客らに一息ついてもらおうと、水戸市の老舗菓子店、亀印製菓(同市見川町)が21日、3月に開港した茨城空港の土産品「茨城空港どら焼き」を無料配布した。

 茨城県をPRする「いばらき夢ガイド」とマスコットキャラクター「ハッスル黄門」が、成田空港第1、第2旅客ターミナルで搭乗便を待つ外国人乗客に、どら焼き500個を差し入れ。茨城県広報広聴課によると、帰国便などを待ちくたびれていた乗客らは甘い差し入れに「また日本に来たい」などと喜んでいたという。茨城空港のイメージアップにつながったか。

【関連記事】
噴火の混乱に乗じぼったくり ローマ空港タクシー
野田秀樹氏、噴火影響で舞台製作発表中止
ロンドン・マラソン、火山噴火の影響でワンジルらの移動に特別機
火山灰パニック 鈍すぎる政府の危機対応
欧州の空ようやく再開 続く火山活動 正常化いつ

SB孫社長自ら顧客に返信 企業のツイッター活用進む(J-CASTニュース)
【GW】首都高が渋滞予想を公開(レスポンス)
全国の検察庁会見を開放=記者クラブ外にも−最高検(時事通信)
<愛知5人殺傷>容疑者、父の給料を管理(毎日新聞)
ネット選挙解禁へ協議機関=与野党(時事通信)
posted by カトリ ケイイチ at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

サノフィのGLP−1受容体作動薬で有意にHbA1c値低下(医療介護CBニュース)

 仏サノフィ・アベンティス社は4月15日、開発中の1日1回投与のGLP-1受容体作動薬lixisenatide(AVE0010)について、海外で実施したフェーズ3試験(GetGoal試験プログラム)の結果、単剤療法でプラセボより有意にHbA1c値を下げ、血糖コントロールを改善したと発表した。日本法人によると、日本国内ではフェーズ3試験を実施中。

 海外での試験は、血糖降下療法を受けていないHbA1c値7-10%の2型糖尿病患者361人が参加して12週間実施された。1日1回投与の、▽lixisenatide2ステップ(10μg1週間、15μg1週間、その後20μg)▽lixisenatide1ステップ(10μg2週間、その後20μg)▽プラセボ2ステップ▽プラセボ1ステップ―の4群に患者を無作為に分け、それぞれを比較した。

 その結果、lixisenatideを投与された患者群は、プラセボ群に比べてHbA1c値を有意に低下させ、7%未満になった人の割合が有意に高かった(46.5-52.2%vs26.8%)。空腹時と食後2時間の血糖値も有意に改善された。

 安全性の面では、このクラスの治療薬で最も一般的な吐き気の発症率が20-24%だった(プラセボ群4%)。低血糖の発症率は低く(1.7%)、プラセボ群と変わらなかった。

 GetGoal試験プログラムは2008年5月から始まり、参加患者数は4500人以上。実薬対照試験など8つの試験の患者登録は既に昨年末に終了し、今年後半にはlixisenatideと同社のインスリン製剤ランタスとの併用療法のフェーズ3試験の開始が予定されている。


【関連記事】
DPP-4阻害薬とSU薬との併用に注意
糖尿病領域の活動強化でビジネスユニット創設―サノフィ・アベンティス
「糖尿病初の再生治療薬になる可能性」―仏サノフィ導入の新規化合物
世界製薬大手12社が増収
糖尿病治療の血糖コントロール指標「HbA1c値が最も重要」

<地震>新潟・胎内市で震度4=午後4時38分(毎日新聞)
<名古屋・河村市長>持論展開「減税しないと天下り天国に」(毎日新聞)
「舌痛症」どんな病気? 脳内で誤作動? 慢性的痛み(産経新聞)
略称「日本」重複、止める手だてない…総務相(読売新聞)
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言(時事通信)
posted by カトリ ケイイチ at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。