2010年03月16日

非核三原則、法制化も展望=社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は11日午前の常任幹事会で、外務省の有識者委員会が核兵器持ち込みなどに関する日米間の密約を認定したことに関し、「非核三原則の法制化も展望して、しっかり三原則の堅持を実現していこう」と述べ、将来的な法制化も視野に三原則の堅持を党として主張していく考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<日本音コン>優勝者が東京で発表演奏会(毎日新聞)
「政治とカネ」に危機感=成果自負も−政権半年で閣僚(時事通信)
日本の脅威という根本問題に戻る 大河原元駐米大使(産経新聞)
6億円融資担保に新株提供=暴力団周辺との関係捜査−トランスデジタル事件・警視庁(時事通信)
元税務職員の79歳・税理士、3千万脱税容疑(読売新聞)
posted by カトリ ケイイチ at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。